当院で一番大切にしている
診療行為です。

全ての治療は確かに重要、大切で治癒に導くことは、歯科医院として当然の行為ですが、それ以上に大事、大切なことは、フォローアップと環境維持と考えています。当院で行った診療の経過の確認と口腔内環境を最良の状態で維持する為には欠くことが出来ません。

teikikenshin-01患者さんには定期的に来院していただき、その都度、検査資料をお渡しし御自分のお口の状態を知っていただきます。その為にも定期健診は欠くことが出来ない当院で一番大切にしている診療行為です。

 

 

なぜ、定期健診が必要なの?

  1. 自分だけのブラッシングだけでは落とせないプラークがあります。
    ●歯と歯の間、奥歯の後ろ側などは、
    自己流のブラッシングではなかなか落とせません。
    ●また、歯周ポケットの中は歯科医院でないと落としにくい部位です。
  2. プラークは細菌の塊(バイオフィルム)を形成し歯周病を発症させます。
    ●磨き残しから作られるバイオフィルムや歯石は、歯ブラシでは落とせません。
    ●バイオフィルムは細菌の集団で歯周病の元となるので、
    歯科医院で除去してもらうことが必要です。
  3. 口の中はつねに変化し、自覚症状もないまま悪化します。
    ●口の中はちょっとの油断で状態が悪化します。
    ●歯肉の炎症や初期のむし歯では自覚症状がなく、
    症状が現れたときには手遅れになります。
    ●自分では気がつかないうちに変化していくのが口の中の病気です。
定期健診風景

定期健診風景

定期健診の目的

  1. 歯周病やむし歯に罹っていないかチェックします。
    ●治療後でも悪化しやすい病気なのでチェックが必要です。
    ●もし悪化していたら初期のうちに治療します。
  2. 毎日のブラッシングができているかチェックします。
    ●一人ひとりに合ったブラッシング方法を指導します。
  3. 歯石など自分で除去できない汚れをきれいにします。
    PMTCと呼ばれるクリーニング方法できれいにします。
    ●きれいにツルツルになると汚れもつきにくくなります。
  4. 歯周病やむし歯のリスクがある部分に薬剤を塗って守ります。
    ●フッ素塗布によりエナメル質が強化されます。
定期健診風景

定期健診風景

こんな症状ありませんか?

以下の項目が一つでもあてはまる方は、むし歯や歯周病になるリスクが高い人です。
必ず定期健診を受けましょう。

  1. ブラッシングで出血する。
  2. 歯にすき間が開いてきた。
  3. 物がはさまるようになってきた。
  4. 口臭が気になる。
  5. 冷たい物がしみるようになった。
  6. 歯が動くようになった。
  7. 歯が伸びたように感じる。
  8. 最近1本歯を失った。
  9. 口の中の渇きが気になる。
  10. 妊娠している。

定期健診は、あくまでも口の中の健康を維持するためのものです。
だから、健康なうちに、または、治療終了後から始めましょう。

今ある歯を一生使うためにも定期健診は必要です。

ご予約・お問合せ0134-54-46199:00~13:00、14:00~18:00【月・日・祝日除く】