バイオフィルムはプラークの強固な集合体です。

お口の中でも細菌の塊であるプラークが成熟するとバイオフィルムが形成されます。バイオフィルムは細菌それ自体がフィルム状のバリアーで覆われているので、外部から保護されて細菌には住みやすい環境となります。

バイオフィルムは歯面や歯と歯肉の間の歯周ポケットに付着するだけでなく、舌の表面や入れ歯にも付着します。

バイオフィルムが歯周病やむし歯を悪化させます。

 

baiofilm-01バイオフィルムが歯面にあるエナメル質をとかしむし歯を発生させます。歯周ポケット内では歯肉の炎症を拡大させて、歯を支えている骨まで破壊され歯を失うことになります。平坦な面のバイオフィルムは歯ブラシで丁寧に磨けば除去できますが、歯周ポケット内は歯ブラシが届かず、バイオフィルムはますます成長してしまいます。

 

 

 

 

 

 

バイオフィルムは薬が効きにくい。

 

baiofilm-02バイオフィルムがやっかいなのは、バリアーで覆われているので抗菌剤や消毒剤などの薬が浸透しにくく効きにくいことです。したがって、今のところ歯ブラシなどで物理的に除去する以外に方法がないのですが、歯ブラシの届きにくい部分に対しては、歯科医院での専門家による対応がどうしても必要です。

 

バイオフィルムができやすい人

歯ブラシがきちんと当たる箇所はバイオフィルムができる前にとれてしまいますが、以下の方はできやすい条件があるので注意が必要です。

  1. ブラッシングがうまくできない人
  2. 歯並びが悪く角度的に歯ブラシがうまく当たらない人
  3. 歯周ポケットが深い人
  4. 矯正治療中の人
  5. 修復物の多い人

※バイオフィルムを除去するには、歯科医院での定期的なプロケアが必要です。

ご予約・お問合せ0134-54-46199:00~13:00、14:00~18:00【月・日・祝日除く】