シーラントは、お口の中の特定な部位の-それもとくにお子さまの-むし歯を防ぐのに
有効な手段です。

歯の”溝”

むし歯に一番かかりやすい場所のひとつに、歯のかみ合わせ面の溝があります。
このような歯の溝は、ブラッシングではむし歯の予防がしにくい部位です。

シーラントとは?

シーラントは、アクリル樹脂やセメントの一種を歯の溝に接着させるもので、奥歯のものをかむ面(咬合)をむし歯の原因であるバクテリアから守る役目をします。

sealant-01乳歯の奥歯は3才から4才までの時期に、また、6才臼歯(いちばん最初に生えてくる奥の永久歯)は、生えたら出来るだけ早いうちにシーラントで処置することが望ましいとされています。お子さまがもっともむし歯にかかりやすい時期は10代半ばまで続きますので、小臼歯も、生えてきたらすぐに処置しておきましょう。

 

 

シーラントを処置した後は・・・

シーラント材はある程度耐久性がありますが、取れていないかどうか定期健診の際に診査をすることが必要です。シーラント処置やフッ素処置をするとむし歯の予防に大変効果があります。

シーラントとフッ素の違い

シーラントは1本1本の歯のかみ合わせの面に用いられ、フッ素は歯質を強化し、むし歯に対する抵抗性を高めます。

シーラント処置に関してご質問がある場合は、歯科医までお気軽にお尋ねください。
シーラント処置はむし歯予防に効果的な方法です。
私たちの目標は、患者さんが一生健康な歯を持ち続けるのをお手伝いすることであり、
シーラントはその実現に役立っています。

ご予約・お問合せ0134-54-46199:00~13:00、14:00~18:00【月・日・祝日除く】